月刊Vivitto おすすめの7冊

  • 日本 木造校舎 大全

    優しく懐郷へと誘う
    古い校舎たちの記録

    気品ある美しさと人間味を感じる「木の学び舎」たち。かつて不登校だった若者が全国各地の木造写真を訪ねて写真に収めた数、なんと15年で1,200校舎!それぞれの校舎に違う物語があり違う味がある。温もりで包み込んでくれる木造校舎の魅力を紹介。

    ・・・

    角皆 尚宏

    辰巳出版/1,620円

  • 月刊佐藤純子

    一度読んだらクセになる
    手描きマンガが文庫化!

    イラストレーターの著者が友人知人に押し配りしていた、手描きマンガのフリーペーパーが文庫化!何気ない日常などを描いた内容は、くすりと笑え心をほんわり温める。今回は未収録号や描き下ろしに加えて、伊坂幸太郎のインタビューも入ってボリューム満点の一冊!

    ・・・

    佐藤 ジュンコ

    筑摩書房/1,026円

  • 学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで

    「じんたん」と「成瀬順」
    ふたりの誕生に繋がる過去

    アニメ界のカリスマ脚本家・岡田麿里の初めての自伝。本書は成功者のサクセスストーリーとは違い、小学校からの困難な自意識との闘いや不登校になった重苦しい日々を綴っている。そのほか自伝に加え「あの花」「ここさけ」の裏設定などファン必見の内容も。

    ・・・

    岡田 麿里

    文藝春秋/1,512円

  • たとえ明日、世界が滅びても今日、僕はリンゴの木を植える

    瀧森古都ファン待望の
    ミステリアスな感動作品

    シリーズ20万部のベストセラー。とある雪の日、ショッピングモールの屋上イベントに呼ばれていたインド人・オムと笑わないピエロ・修二は、屋上から飛び降りようとしている少女を助ける。だが、この出会いをきっかけに、ふたりは人生のシナリオに向き合うこととなり・・・。

    ・・・

    瀧森 古都

    SB Creative/1,296円

  • スマホを落としただけなのに

    一台のスマホをきっかけに
    シリアルキラーが迫り来る

    ある日、麻美の彼氏・富田がスマホを落としてしまう。スマホはすぐ手元に返るが、拾い主の男の正体は連続殺人鬼のハッカーだった…!その男は麻美を気に入り、ハッキングした富田のSNSを介して麻美に近づく。一方、神奈川の山中では女性の遺体が次々に発見され―。

    ・・・

    志駕 晃

    宝島社/702円

  • 新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111

    吉野朔実が作品を撰した
    少し変わった映画参考書

    映画の目利きとしても知られる漫画家・吉野朔実による映画のイラストエッセイ。今では不朽の名作となった作品から埋もれた小品まで…計111作品が繊細なイラストと独特な視点で鮮やかに書き出された映画のアンソロジー。吉野ファン必携の一冊が待望の復刊。

    ・・・

    吉野 朔実

    エクスナレッジ/1,728円

  • あした世界が、

    突き抜ける感動のラストに
    思わず本を抱きしめる

    音楽会社に勤める朗美は、大物ロック歌手・空哉が解雇され事務所に乗り込んでいく姿を目にする。同じ日、全社報告会で発表を任された朗美。だが、極度のあがり症により気を失ってしまい目を覚ますと、高校の制服を着た朗美を空哉や父親が見下ろしていて…。

    ・・・

    柴崎 竜人

    小学館/680円